<   2007年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧
Schweinebraten(シュバイネブラーテン)
栗はバイエルン地方出身。
他の国の料理は別として
ドイツ料理はバイエルン地方のもの以外食べません。
ドイツ人は比較的そういう傾向があると思うけど
バイエルン出身のひとはその傾向が強いかと思います。

ということで
ケルンに来てバイエルン料理を無性に食べたくなるらしく
こっちのバイエルン料理を出すレストランにも数件行ってみたけれど
味にご不満。

結果。

私が作ることに。

今回はシュバイネブラーテン。
簡単に言うとローストポーク。
特徴は脂身と皮がついたままの固まり肉を焼くこと。
脂身に切り込みをいれ肉はジューシーに皮はぱりっと焼くことが大切。

e0125766_5164720.jpge0125766_5171740.jpg肉を焼くときに一緒に玉ねぎ、にんじん、セロリなどの野菜とハーブも一緒に鍋または深めのトレーに入れて1~2時間時間をかけて焼き、仕上げにビールをかけつつ焼き皮をパリッと。
肉を取り出した後の野菜はミキサーにかけ、それでソースを作る。

e0125766_5174224.jpgそして薄く切ったシュバイネブラーテンと一緒に食べるのは
カルトッフェルン・クヌーデル Kartoffel Knoedel
要するにジャガイモ団子です。
かなりオイリーで
高カロリーで
ボリューミーな一品です。(笑)

栗大喜び。
私はちなみに食べません。
クヌーデルは好きなので
ソースをつけて少しだけ栗から盗み食い。
でも豚肉はヘビーすぎてムリっ。




それにつけても
バイエルン人じゃないドイツ人の作るバイエルン料理より
バイエルン人どころか、ドイツ人じゃない日本人の作る
バイエルン料理のほうが胡散臭くないかい???
栗君よー。
[PR]
by kuschel_hase | 2007-06-30 05:21 | 食べ物のこと
いざデュッセッルドルフへっ パート2
デュッセルドルフには多くの日系企業があるので
日本人が多いことで有名です。
そしてImmermannstrasse(インマーマン通り)は ドイツに住む日本人にとって夢のようなところです。
日本食レストラン、食材店はもちろんのこと
日本人スタッフのいる美容室、炭火焼串や、ラーメン屋、日本的なパン屋、本屋、レンタルビデオ屋まであり
通りには日本語が溢れています。

e0125766_3252778.jpg
e0125766_3271830.jpg   看板も日本語

でもデュッセルドルフはそれだけではないのです。

日本人が多いことで有名だけど
実はドイツの小パリと呼ばれているほど素敵な街です。

e0125766_3323362.jpge0125766_3325537.jpg

e0125766_3332592.jpge0125766_333464.jpg



この日は残念ながら天気が悪くてこの写真じゃわかりにくいかもしれないけど
メインの通りのKoenigsallee(ケーニヒスアレー)は堀をはさんで通る美しい並木道です。
ショッピングアーケードや有名なブランド店が多く立ち並び
晴れた日は通りに出されたカフェにも人が溢れます。

ミュンヘンにいるときに出張で何度か来たことがあるけれど
なかなかじっくり散策する機会がなかった街。
今回街を歩いてみてとてもいい街だと思いました。
せっかく家からそう離れてないところにあるんだし
もっと頻繁に来て素敵なショップやカフェを見つけたいなと思っています。





ちなみに。
今日の収穫♪

e0125766_3421795.jpg

会社から帰ってきて私のテンションの高さについていけず固まる栗。(笑)
[PR]
by kuschel_hase | 2007-06-30 03:42 | ケルンでのこと
いざデュッセッルドルフへっ
いってきましたデュッセルドルフ。
そしてちゃんと日本食食べて食材買って満喫してきましたっ。

って間違えた。
じゃなくて・・・

ちゃんと婚姻届出してきました。

栗を会社に送り出し
ちゃっちゃと掃除と洗物を済ませ、
電車に乗り込む。
そして領事館に着いたのは11時ごろ。

私たちのように日本人同士ではなくて片方が外国人の場合、
必要な書類はつぎのもの。

*婚姻届書 2通
*日本人の戸籍謄(抄)本 2通
*戸籍役場で発行してもらった婚姻証明書 2通
*それの和訳文 2通
*相方のパスポート
*それの和訳文 2通

和訳文については領事館に専用の雛形があって
それにしたがって自分で和訳すればいいだけ。
とはいえ婚姻届を2通書かなきゃいけないので結構時間がかかる・・・。

栗のパパさんママさんの名前やら
出生地やら、今の住所やらも
全部日本語(カタカナ)で書かなきゃいけないから
パパママの名前はともかく
出生地とかすんごいローカルで、
日本語読みにしたとき本当にこの読み方であってるのか少々不安。(汗)
まーいい。誰にもバレんだろ。

なーんてトロトロ(またはドタバタ)してたら領事館のお昼休みの時間に。
焦る。でも間に合わず・・・。(涙)

とりあえず私もお昼を食べに行って午後もう一度くることに。

ということでウキウキしながら日本食レストランへっ♪
このときのために今日は朝食も抜いたしぃ~♪

前日からどこに行こうかいろいろ悩んだけど
結局、高級なところより体が欲してるのは家庭的な味だわっ
ということで
「寿」というレストランへ。

食べたのは本日の定食「鯖の塩焼き定食」。7.5ユーロなりっ。
幸せー♪
体に染みるー。大根おろしとか、切干大根の煮物とか。
お茶もお代わりし放題。ドイツではありえない。
あまりに興奮しすぎて写真取るのも忘れてたし。あは。

(余談: おかんのご飯が恋しい・・・。)

で、心も体も満たされて
もう一度領事館へ。

間違ったところに訂正拇印を押し
名前のところに拇印を押し。
終わったときには私の親指はまっかっか。
必要書類を提出し、以上手続終了っ。
4~6週間かかるそうです。日本での新しい戸籍が作成されるまでは。


で、同時にパスポートの姓の変更も申請できると言われたので申請。
私は日本での姓は変更しないことを選択したので
私の姓のローマ字表記の横に(くしぇる-栗)の新しい姓が追加表記される。
(日本での姓は変更届けを別に出さない限り旧姓のままです。
戸籍上も新しい姓に変更したい場合は結婚してから6ヶ月以内なら家庭裁判所の許可を得なくても変更可能。)

ダブルネームの姓が追加表記されたパスポートが出来上がってくるのは来週の火曜日だそう。
ということでまたデュッセルドルフに来なきゃいけなくなりました。
でもこれで外国人局での新しい姓と旧姓の問題がなくなる。
しかもまた日本食食べれるし♪

一歩進んだ感じ。
[PR]
by kuschel_hase | 2007-06-30 02:54 | 手続きとか
ひとりたび
突然ですが明日デュッセルドルフに行ってきます。

先日発行してもらった仮ビザ。
名前をよく見たら、おっと・・・旧姓になってる。

栗と結婚して苗字をダブルネームにしたのだけれど
私のパスポートはまだ旧姓のまま。
なぜなら日本にまだ婚姻届け出してないから。
日本での籍が変更されないとパスポートの名前は変えられないわけで。

でもドイツ人の人と結婚した日本人の知り合いたちに聞いたところでは
パスポートの名前を変える前でも新しい名前でビザを発行してもらえたっていうし。

で、栗にもう一度外国人局の担当の人に聞いてもらったら
結果、「ダメです。」・・・・。
とほほ。。。となります。ほんとに。

でたでた。このドイツの「あくまでも担当する人によります」的対応。

というわけで明日デュッセルドルフにある領事館に行くことにしました。
ケルンからデュッセルドルフまでは電車で30分ほど。
栗は仕事で行けないので今回は私一人で行くことに。

デュッセルドルフは日本人が多く、日本食のレストランや食材店、日本人がいる美容室などがあり、ドイツに住む日本人にとっては天国のような環境。
寄り道したらブーブー言う栗もいないし、久々に日本を堪能してこようっと。
[PR]
by kuschel_hase | 2007-06-28 19:45 | 手続きとか
たまごが先かニワトリが先か
今日は滞在ビザの手続をしに朝から外国人局へ。

外国人局にはあまりいい思い出がないので朝から憂鬱。
いっぱい待たなきゃいけないし、
けっして感じのいい人ばかりじゃないし。

栗が事前に外国人局に聞いた必要書類は用意した。
 
 *二人のパスポートのコピー
 *婚姻証明書
 *住民登録所
 *アパートの契約書
 *(私たちの場合は栗が契約者になっているので私もそこに住んでいるというアパートの大家さんからの証明書) 
 *証明書用の写真

でもだからといって準備万端とは限らないのが
ドイツのお役所なのです。
何も知らない栗は「大丈夫だよー」って楽観的。

外国人局に到着し待つことしばし。
名前を呼ばれ担当者の待つ部屋の中へ。

「まずはこの申請書に必要事項を記入してください」ということで書き進めていると
ん?これ私が以前書いた申込書と微妙に違う。
なんだか書くとこ増えてますけど。
いっぱいあってすべては覚えていないけど
「今までテロに関する出来事に関係したことやその手の団体に所属したことはありますか?」「今までテロに関する団体を形成したり率いたことはありますか?」とか。
そんなのなかった気がする。

「ビザ取得後すぐに離婚することはありません。」っていう書類にもサインさせられたし。

書いているうちにどんどんテンションが下がっていく私。

とにかく書き終え持参した書類を見せると
「あと、栗さんの所得証明書と、くしぇるさんの健康保険証が必要です」といわれる。

所得証明書が要るって聞いてない。
それよりも健康保険証は担当の人に滞在ビザがないと出せませんって言われたんですけど。

ドイツの制度。
しっかりしているんだか、なんなんだか。こういうことがすごく多い。
Aを得るにはBが要る。でもBを得るためにはAが必要。
たまごが先か、ニワトリが先か。

結局
「じゃあとりあえず3ヶ月の仮ビザ出すからそれで健康保険に入って、今度はそれをもってこっちに来てちょうだい」と・・・。

ようわからんが3ヶ月のビザだけもらいました。

しかも次回、健康保険証持参してビザもらったとして
それも短期の仮のもの。

今度はドイツ語の試験があって、ちゃんとドイツ語が話せるって認められないと
本格的なビザが下りないようで。

ちーっとも進んでる気がしないんですけど・・・(怒)
はやく手続を全部終わらせてすっきりしたいよ。

栗は「そっかー?スムーズに進んだじゃん」って。
どこが?何が?どの辺が??

来週はデュッセルドルフにある日本領事館に婚姻届を出しに行きます。
ドイツでは結婚したけれど、日本的には私たちはまだ結婚したことになっていないので
婚姻届を出してから3ヶ月以内に日本の領事館に届け出なければいけないのです。

あー。国際結婚。
がんばれー、わたし。
[PR]
by kuschel_hase | 2007-06-26 18:43 | 手続きとか
フィッシュマーケット
毎月1回だけ開かれているフィッシュマーケットがあると聞き
日曜日に栗と早速ウキウキ出かけました。

が・・・。

全然フィッシュ売ってないじゃん!
いっぱいある出店のなかで生の魚を売っているのは2点ほど。
あとはソーセージとか、チーズとか、鉢植えとか、古着とか。

フィッシュマーケットって。。。
地名か??

しかも売られてるさかな君たちは
見た目ぐったりお疲れのようで。
とても買う気にはなりませんでした。

もちろん写真をとる気にもならず。
私のシーフードへの欲求はさらに高まり。
おいしいシーフードが食べたーいっ!!!

がっかりと、イライラと、悲しみを背負って駐車場へ。

このまま家に帰るのはとても悔しいので
悲しみを癒すのは自然しかないと
ケルンの中心街からは少し離れたForstbotanischer Garten (山林植物園)へ。

ここは1.5ヘクタールの植物園と20ヘクタールの山林からなる公園です。
とっても広い。
e0125766_1859276.jpg

e0125766_1913417.jpge0125766_1921880.jpg

森の中に入って木の匂いを嗅ぐととても落ち着きます。



e0125766_1941050.jpg
アジサイが植物園の中ではいっぱい。

e0125766_1945731.jpg
e0125766_195403.jpg
少し歩くだけでウサギがすぐ近くで見られます。

ドイツは街中からほんの少し離れるだけで
人の手がほとんど加わっていない自然に触れられる。
野生のウサギや鹿やキツネたち。

ドイツの好きなところのひとつです。





でも、やっぱり魚が食べたいっ。
[PR]
by kuschel_hase | 2007-06-25 19:11 | ケルンでのこと
BUBU machen
めずらしく栗のほうが先に目覚める。

栗が動き出した気配で私が目を覚ますと
「くしぇるが『BUBUしてる』間に僕は溜まってるメールを書くからまだ寝てていいよー」
って。

Bubu machen=schlafen=眠る
っていう意味です。
子供に使う言葉だけど大人も使うみたいです。

ちょっとかわいい。

「ブーブ」は日本語では自動車のことだよって教えてあげたらその後ずっと「ブーブー♪」言ってました。栗は日本語話せないけどそういう意味のないボキャブラリーだけがどんどん増えていく・・・

ちなみに今一番のお気に入りの言葉は「ソッカソッカソッカ」と「ブリ」。
「そっかそっか」はこの前日本に来たときにいろんな人の会話を聞いていてこの相槌が気に入ったようで。私が栗になにか伝えると「ソッカソッカソッカー」と頷きます。必ず3回。
ブリは魚の鰤。これまた日本に来たときにぶりの刺身を食べていたく感動し、それ以来ぶりの大ファン。こっちでスーパーの魚を売ってるコーナーや日本食レストランに行くと「ブリはあるかなー?」と得意げに一人でぶつぶつ言ってます。(笑)


一緒に暮らすとこういうほんのささいな出来事や発見があって楽しい。

仕事が忙しくて休日もどこにも出かけたくないっていうオーラびんびんの栗。
私はというと平日は栗とあまり過ごせないから休日こそ一緒に何かしたり、どこかいったり特別なことしたいっ!思う。(私も立派な主婦だわ。このコメント♪)

思わずイライラが募ってしまいがちだけど、でも
一緒に暮らしている中で起きる小さなびっくりとか、喜びとか、嬉しさを
楽しめる自分でいたいなと思う。

もちろんこれは栗には言いません。
そうすると調子にのって
「じゃー今日は家でごろごろしよー。たのしいねー、こういうちっちゃいことがさ。ふたりでするとー♪♪」って
絶対言うから。

だから内緒。ひひひ。
[PR]
by kuschel_hase | 2007-06-24 17:09 | ドイツ語と日本語
境界線-この線から入ってこないでねっ
今日は栗も今週の出張でお疲れだったのでおうちでたらたら。
DVDで映画観たり、おちゃしたりのんびり過ごしました。

で、今日の夕飯はピザ。
生地は水と混ぜるだけでピザ生地になるヤツを使って
二人で好きな具をのせて焼く。

簡単だけど
二人で一緒にできるし
何よりも具を考えたり、飾り付けを考えたりして
その時間がすごく楽しい♪

で、出来上がったのがこれ。
e0125766_23124852.jpg右側が私ので左側が栗。
お互いに好みが違うからそれぞれ好きなように飾りつけ。
違う具なのに
一緒に作って一緒に食べれる。

すごく楽しい。
お勧めします。

e0125766_23131848.jpg



食べものネタ多いね・・・。苦笑
[PR]
by kuschel_hase | 2007-06-24 04:42 | 食べ物のこと
何でものせちゃえっ
やっと栗ご帰宅♪
長かったぁ。

というわけで栗ちんの大好きなティラミス作りました。
e0125766_23262861.jpg栗は甘いもの大好き。甘ければ甘いほど好き。
反対に甘くないデザートは好きじゃない。
だからケーキとかチョコにかかってるカカオパウダーはNGなのです。
お子ちゃまかっ。
だからティラミスもカカオパウダー+パウダーシュガー。
おいらは甘すぎるものは食べられません。。。

で、メインはこれ。
e0125766_23265765.jpgこれまた栗が出張に行くにも関わらず
先週の買出しで買ったホワイトアスパラ。
もういい加減限界。
傷みだしてましたから。そのうち自然に還ってしまいます。
これはハムとホーランダーソースというバターをいっぱい使った(!)ソースで食べます。

で、どうしても食べたくなってしまったチキン。
これはハーブとかスパイスとかをまぶしてオーブンで焼いたやつ。

そんでもって昨日作っておいたアンティパスタ。

統一性なしっ。
おいしければいいや。

ね。
[PR]
by kuschel_hase | 2007-06-23 07:55 | 食べ物のこと
歩く
私は方向音痴です。
かなりの。
地図を見てもどっちが北なのかわかんない。

でもそれは場所を覚えられないというわけではないんです。
何度か通ったり、行ったりすれば一人でも目当ての場所にはたどり着けます。
記憶力もいいほうです。
だから記憶のある角にさえたどり着ければこっちのものです。

というわけで新しい街に来たらとにかく歩きます。
体に覚えさせるために。
がしがしと。
ズンズンと。
間違ってるのか、迷ってるのかわからないけどとにかく歩く。
歩いているうちに見覚えのある通りに出たり、
以前来たことがある場所と場所が私の頭の中の地図上でつながったりする。

e0125766_2320750.jpg


歩くことは大好き。
好奇心も旺盛。
というわけで方向音痴のくせに細い路地や入組んでそうな道を見つけると曲がらずにはいられません。
そしてふと気がつくと、行きたかったところとはてんで離れた場所にいたりする。
でもひたすら歩き続けます。

e0125766_23203256.jpg



今日は家から少し離れたところにある新鮮な卵とチーズを売っているというお店へ。
その名も「Eier + Kaese Koenig (卵とチーズの王様)」

e0125766_23205836.jpg


ドイツでは日本のように生で卵を食べる習慣がないので
スーパーで買う卵はあまり新鮮ではありません。
(日本の黄身がぷりっと盛り上がった卵が食べたいっ。)
もちろんドイツ人はそれを食べている訳で大丈夫なんだろうけど
やっぱり卵は新鮮なほうが安心。

で、行き着いたところは
路面に小さな窓だけが出ているスタンドのようなお店。

普通のお店を想像していたので少しびっくり。
でも意外と次から次へとお客さんが来て人気。

中にはたくさんの種類のチーズをはじめ乳製品と卵が。

e0125766_23222534.jpg

かわいらしい店員さんでした。

ということで私も卵を1パックためしに買って帰ってきました。
結果はまずまず。
あと数件チェックしたい店があるので比べて決めたいなと思ってます。
(日本のようにはいかないよね。いっそのこと鶏飼うかっ!?!?)

帰り道かわいらしい帽子屋さんを見つけたよ。
e0125766_23225684.jpg

[PR]
by kuschel_hase | 2007-06-23 07:36 | ケルンでのこと