カテゴリ:お気に入りのものとかこととか( 21 )
Side by Side
e0125766_0242696.jpge0125766_0245538.jpg基本的に、シンプルなものが好きです。
でもちょっとしたところに、
ちいさなこだわりがあってウフフ♪となるものが。
(↑わかりにくい説明ですね。。。)

だからといって無機質なものは
ちょっと苦手だったりします。
ぬくもりが感じられるものが好き。

なので必然と、シンプルな木製のものが
うちには多かったりします。

インテリアも「シンプルだけど、温かい」、
そんな感じの雰囲気になるように
がんばっているのですが、
なにせうちには頑固で、
センスありまくりだと信じて疑わないドイツ人がいますし、
もちろん予算というものもあるので、
なかには渋々妥協したものも。。。

というわけで、
雑貨が増えるのです。
彼に相談なしでも買える、(というか買ってしまっている)ので。(笑)
もうこればっかりはしょうがない。
しょうがない、しょうがない。


さて、このキャンドルホルダー
Side by Sideというところのものです。

このSide by Side。
ミュンヘン郊外のRaublingというところに工房があります。
なによりも特徴的なのはたぶん、
これらの商品を作っている人たちは精神や身体に障害を持った人たちだということ。

2001年にSabine Meyerというデザイナーと
カリタス(ドイツで有名なカトリック系の福祉団体)によって
はじめられたこのプロジェクト。
デザイナーによる「洗練されていて、High-end」な商品を
障害者のひとたちが働く工房と一緒に作り出す。
というのがコンセプトだそう。

(くわしくは、英語とドイツ語しかありませんが、ホームページを読んでみてくださいな♪)

この会社を知ったきっかけは
雑貨やさんや、雑誌を読んでいたときに
素敵だなと思ってみてみると、
Side by Sideの商品だったということが重なったこと。
そしてウェブサイトを読んでみて、
はじめてそういうプロジェクトなのだと知りました。

Side by Sideの商品たち
けっこう、あちらこちらの雑貨屋さんで見かけます。
大きく上記のようなことは書かれていないので
気付いていないだけで、見かけている人も多いかも。


シンプルで、洗練されていて、温かい。
そして時々ちょっとおもしろい。
私のハートを鷲掴み(表現古い?)するものたちが多いのです。
[PR]
by kuschel_hase | 2011-04-16 01:38 | お気に入りのものとかこととか
来年の手帳
e0125766_17162830.jpg来年の手帳を買いました。
この時期になると、文房具屋さんに行って来年の手帳を選びます。
毎日持ち歩くし、
予定から、そのとき思っていることから、
読んだ本から気になった言葉を書き写したり、
なんでもかんでも書き込むので
手帳選びは真剣で、そしてとても至福のときです。
あまりにたくさんの種類の手帳があって、
目移りしてしまうことがわかっているので
毎年手帳を買い換える派です、わたくし。


手帳を買ったら最初にすること。
友だちや家族の誕生日を新しい手帳に書き込みます。

そして古い手帳から住所録と、
来年も必要であろう、手帳に書き込んだメモや、
いつも手帳に書いてある好きな言葉を書き写します。

とても地味な作業ですが、
この書き写している時間がとても楽しいのです。
ははは、暗い。。。。

ニタニタしながら書き写していたら
栗に「気味が悪い・・・・」と言われました。(笑)
[PR]
by kuschel_hase | 2010-11-08 17:50 | お気に入りのものとかこととか
おばあちゃんの指輪とふるいものたち
e0125766_23554855.jpg母が昔、祖母から受け継いだ指輪。
大好きな指輪です。
私の指には少し大きいので、
指から外れてしまわないように気をつけないといけないのですが
そのゆるゆる感がなんだかとっても女らしい気分にさせてくれるので
そのままサイズを直さないまま、もうひとつ指輪を重ね付けして身に着けています。


古いものとか、人のぬくもり、歴史が感じられるもの
とても好きです。
(でもわたくし、おおざっぱなのに潔癖症(←自ら命名)なもので
蚤の市とか、古着屋さんとかはちょっと苦手。)


私は服でも、アクセサリーでも
気に入ったらずっと身に着けるタイプ。
高校生のときに買ったカーディガンとか、
妹に10年ほど前に買ってもらった靴とか、
父や、母に買ってもらったたアクセサリーとか。
そして栗や、私の祖父や祖母のものたち。


なんなら本だって、
手紙だって、
写真だって、あれこれとある小物だって
私には捨てられないものがいっぱいあって
引越しのたびに
栗からのため息が漏れるのです。
「これみんな持っていくの?」って。


栗みたいに、
小さなスーツケースひとつにまとめられる身軽さで
生きていける人を見ると
すごいなぁと心の底から思うのだけど


小さなくまのキーホルダーにだって母からの愛がこもっているし、
Aちゃんからもらったオランダの木靴のミニチュアとか、
プラハで買ってもらった鳥のガラスの置物とか。


あー、やっぱり私はなにも捨てられないし、
次引越しする時だって
栗のため息を聞きながら、
一つ一つ心をこめて、壊れないように紙に包んで
段ボールに詰めているんだろうなと思う。




***ところで・・・
ドイツ夏時間になりました。
日本との時差が7時間になりましたよ~♪
[PR]
by kuschel_hase | 2010-04-02 00:28 | お気に入りのものとかこととか
行列のできるラスク
e0125766_5502715.jpgココロの友Aちゃんがしばらく日本に帰っていて、なんともさみしかった3週間。
あまりにさみしい、さみしいと言いすぎて、
「週末にしか僕に会えないのに、それはさみしくないの(怒)?!」と
栗から苦情が出たほど。


ええ、あなたに会えないよりも、Aちゃんに会えないほうがさみしかったりします。
なんてことはさすがに言わなかったけど(!)。
おほほ。
だって本当にさみしかったんだもーん。


そんなAちゃんが日本からのお土産としてくれた
どうやら日本でうわさになっている、行列のできるほどおいしいというお店の「ラスク」♪


私ラスクだいすきなんです。
チョコよりも、ポテトチップスよりも、クッキーよりも、なによりも好き♪


バターの風味が濃厚なラスクでございました。
そういえば栗には一口もあげずに、一人で食べちゃった。。。。(汗)
なんてひどい私。。。。ぷぷぷ。
だっておいしかったんだもの。
ヒヒヒ。
[PR]
by kuschel_hase | 2010-02-25 06:04 | お気に入りのものとかこととか
一日中いれる場所
e0125766_2444065.jpge0125766_2445527.jpg
本屋さんと文房具屋さん。
何時間でもいれます。
待ち合わせにちょっと早めについちゃったときとか
仕事のあとなどに別に買いたいものがあるわけではないけど
なんとなーくふらりと、よってしまう場所。


友達とカフェした後にふらりとよったいつものお店で
ついつい買ってしまった万年筆。
文房具屋さんっていらないものを買ってしまうお店No1だと思います、私。


でもこれとっても素敵に文字がかけちゃう代物。
ふつうに書いても万年筆の先が幅広いので、
あら~☆って思っちゃうほど、ローマ字が素敵に。
(たぶん日本語(特に漢字)には適さないと思いますが。) 
結婚式の招待状これで書きたかった~。


で、いつ使うの?っていう
ダンナからの突っ込みは
謹んで無視させていただきました。


文房具と、靴と、かばんと、洋服と、アクセサリーと
いっぱいあっても買ってしまうものたち。ふふふふふ。
[PR]
by kuschel_hase | 2010-02-06 03:11 | お気に入りのものとかこととか
Perger
e0125766_334947.jpgうちからそんなに遠くないところ(ミュンヘン郊外のAmmersee(アマー湖)の近く)に、オーガニックの野菜やフルーツを栽培し、それらを作ってジュースやシロップを製造しているPergerという農園/会社があります。


有機栽培にこだわって、もちろん人工的な香料や添加物もいれず
100%自然の材料で作っているジュースたち。


ほんと~っにおいしい!
果汁100%のジュースたちもSchorle(果汁を炭酸水で割ったもの)たちも!


ミュンヘン市内ではどこで売っているのかわからないけれど
機会があったら一度飲んでほしい~!
本当においしいのです♪


もしくは我が家に遊びにきてください♪
[PR]
by kuschel_hase | 2010-01-30 04:01 | お気に入りのものとかこととか
てぶくろ
e0125766_1839168.jpg実は来週誕生日なのです、私。
平日のため、もちろん栗はデュッセルドルフ。
というわけで、ひとあしはやくプレゼントを買っていただきました。


こんだけいっしょにいても、
いまだに栗のことをつかみきれていない私。あはは。
ファッションにも興味があるんだか、ないんだかわからない栗。
買い物とか一緒に行くなんてこと絶対ないし、
私の服装についても興味があるんだか、ないんだか。。。
でもその割に私が新しい服を着てたり、ピアスをしてたりすると絶対気がつく彼。
(きっとそれは私に、あるいはファッションに、興味があるのではなくて「また買ったの!!!???」ってことだと思う。笑)


そんな栗さん、私がしていたZARAかどっかで買ったやっすい手袋が気になっていたらしく、
(ずいぶん前に手袋なくしたんです、私。さすがに寒さに負けてやむを得ず新しい手袋を購入。)
私に手袋を買ってあげたいと。
そんなに気になってましたか・・・あの手袋(苦笑)。


そんなわけで、買っていただきました新しい手袋。
この手袋、折り返せるようになっていて、
そのままだとシンプルな皮の手袋、折り返すとファーが外に出てくるようになっています。


ありがとう、大切に使わせていただきます。
[PR]
by kuschel_hase | 2010-01-17 19:35 | お気に入りのものとかこととか
大きめピアス
e0125766_19505184.jpg基本髪の毛は短めのわたし。
あごのラインぎりぎりの、ちょっぴり前下がりのボブ。
ここ数年そんな感じ。


でも日本に帰ったときにしか美容院に行かないので半年帰らなかったら半年分伸びっぱなし。
海外生活も10年を超えたので、いい加減住んでいる場所で髪の毛切りに行けよ、私。と思うのですが、こればっかりは。

e0125766_1951721.jpg日本で切ってもらっている美容師さんは、100%信頼して自分の髪の毛を任せられるのでなかなかこちらで挑戦する勇気がねぇ、ないのですよ。


今回、結婚式のために1年半ほど髪の毛を伸ばしていました。もう~切りたくて、切りたくて!
結婚式のあと日本に帰ったとき、私のしたいことリストのなかにももちろん「ヘアカット!!!」と大文字でありました。


そしてバッサリ。あーすっきり。


やっと自分に戻れた気がしました。


髪の毛がショートだとフェミニンな服を着てもフェミニンになりすぎず、
カジュアルな格好も野暮ったくならない気がして。


そしてなぜか、つけるピアスも大き目なものが多くなります。
今回ロンドンに行った時に買ったピアスも。


レース編み風の素材と繊細な金具。
基本、シンプルなものがすきなのだけど、
こういうものも大好きです。
[PR]
by kuschel_hase | 2009-11-17 02:59 | お気に入りのものとかこととか
自分だけのもの
e0125766_8174598.jpgドイツには個人で経営されているジュエリー屋さんがたくさんあります。
街角にぽつんとある、近所の人に代々親しまれているようなこじんまりとした店から、
入るのに勇気がいるような、豪華絢爛な店までいろいろ。


マイスター制度があるドイツ、
石とか、金属の仕入れ、デザイン、そして製作まで金細工師である職人さんが行うので日本に多くある宝飾屋さんとはすこし趣きが違うかもしれません。
なのでお店によって、というか職人さんの趣味によって
お店に並んでいるジュエリーのデザインもさまざま。


私が個人的に思っていた感想は
ドイツのジュエリーのデザインってちょっと重いというか、
ごついというか、直線的というか。


正直あまり好きじゃなかったんですよね。。。(苦笑)


結婚指輪と婚約指輪の順番が逆になった私達。
結婚指輪はいわゆる定番のところで買ったんです、私達。直前だったし、下調べとかしてなかったし。
ドイツのパイプを切ってそのまま指輪にしたようなデザインの指輪はしたくなかったし(爆)(ドイツの指輪ってそういうのが多い気が。。。あー、あくまでも個人の趣味です!ごめんなさい。。。。悪気はありません。。。。)


今回の婚約指輪(と言うか、結婚して2年経ってもらったらそれは婚約指輪とは言わないと思うけど・・・・。記念指輪??)を作るときに、お世話になったのはこちらのお店


e0125766_064163.jpg



ジュエリー類にほんっとに縁のなかった栗。(男のひとってそんなものですよね)
「単にシンプルな金属の指輪(By栗)」の値段にびっくりの彼。
もうブランド物は買わないと。(苦笑)
自分でダイヤモンドを異国に買い付けに行って、
デザインすると言い張っていたうちのドイツ人を説得して本当に良かった(笑)
彼が自分でデザインしていたらほんと、どんな指輪になっていたか知れません。


ずいぶん前からお店の前を通るたびとても気になっていたお店。
ぱっと見は「入るのに勇気がいるお店」のカテゴリー。
初めて行ったときはとってもドキドキ。
うちの栗も「とりあえず、今日は下見だけだよ。今日は注文したりとか、そういうことはしないからね。いい?」なんて私に言っていたのにも関わらず、
オーナーのJirgens氏と話して意気投合。そしてそのまま注文。(爆)
私のほうが目が点になりました。(笑)


というわけで、他の店を下見することもなくそこのお店にお願いすることにしたのですが
私も栗も指輪の出来上がりに大満足。
Jirgensさんもほんっとにいい人で、
なによりも彼のデザインするジュエリーが繊細でほんとに素敵。


ホームページに乗ってるジュエリーたちはきっと私たちが逆立ちしたところで手がとどかなそうなものばかりですが、
ドイツのジュエリー屋さんのいいところは個人の要望を聞いてくれるところ。
デザインも一緒に相談しながらできるし
石の選択も彼は私たちが気に入る石があるまで買出しに行っててくれたし。


自分だけのデザイン。
二人でデザインを決めて、デザイナーの人との信頼関係を築いて作っていただいた指輪。
本当にお気に入りです。







自分だけのものとして、本当はお店の名前も内緒にしておきたかったのだけど
先日そばを通ったので、お店にすこし顔を出したときに
「お店に飾っているジュエリーたちってぜったい日本人の人たちが好きなデザインだと思うわ。」って言ったら、
「僕もそう思ってるんだけど、なかなか日本人の人たちに宣伝する機会がないからぜひしておいて♪」と言われました。
というわけでちょっぴり宣伝でした。
[PR]
by kuschel_hase | 2009-11-14 01:26 | お気に入りのものとかこととか
持つべきものは友(と家族)!
e0125766_22553663.jpg以前「私は薬用リップ依存症です」と書きました。


そしたら、いや~私ってなんて恵まれてるの。
日本のお友達や、ドイツから日本に一時帰国していたお友達、そして今回結婚式に来たときに家族が、
みんながみーんな、薬用リップを持って(送って)きてくれたの~♪


みてこの数。(笑)
すでに何本かは使った後でこの数だからね。


とくに、
高校・大学時代の友達たちが結婚祝いを日本から送ってくれたときに
まるで緩衝材の発泡スチロールの代わりに入れてくれたかのような大量のリップ(笑)
開けたときは笑いが止まりませんでした。
しかも色々比べてわたしに合うものが見つかるようにと、
ありとあらゆるブランドや、違った種類のものを!


ただいま比較研究中です。
結果のレポートについてはもうしばらくお待ちを!


この数をみて栗は唖然。
無言で首を振っておりました。


本当に本当にありがとう~!
これでしばらくパニックにならなくてすみます。
家中にリップが置いておけるわ~♪
[PR]
by kuschel_hase | 2009-10-20 23:09 | お気に入りのものとかこととか