カテゴリ:家族のこと( 21 )
チビ
e0125766_19535986.jpgそれは17年前の冬の寒い日でした。
犬の散歩中に用水路のなかで
水にぬれて震えている彼女を見つけたとき、
彼女はまだ目も開いていない、
手のひらにのせてもまだあまるほど
ちいさな、ちいさな子犬でした。


わが家にはすでに飼っている犬がいたので
誰かほかの飼い主をみつけることを条件に
わが家に連れて帰ってきたのでした。

そして名前を付けてしまったら
きっと情がわいてしまうからと
名前は付けずにいたのですが
呼びかけるときになんとも不便で、
いつの間にかみんなに「ちび」と呼ばれるようになりました。


幸か不幸か、
彼女に新しい飼い主を見つけてあげることができませんでした。
そしてそのままわが家に居残ることに。


「ちび」ではかわいそうだからと
新しい名前をつけてあげたのですが
そのときにはもう彼女は「ちび」が自分の名前だと思ってしまっていて
新しい名前にはまったく反応せず、
こうして彼女の名前は
もうちっとも小さくないのにもかかわらず、
正式に「チビ」となりました。




今日の朝、
母からのメールで
彼女が天国へ行ったことを知りました。



悩んでいたり、
悲しかったり、
だれかとけんかしてイライラしていたり、
恋していたり。
彼女との散歩の時間は
私にとってひとりになれる、そしてゆっくり考えられる、貴重な時間でした。

2時間、3時間と
散歩していたことも
なんどもありました。
ただ田んぼの真ん中でぼーっとしていたりしたことも。

きっとだれよりも
私のひとりごとを聞いていた相手だったと思います。




17歳。
家族みんなに愛されて
すごした彼女の一生。
彼女にとってしあわせな時間であったことを祈ってなりません。

わたしたちのところにきてくれて
ありがとう。
わたしたちのそばにいつもいてくれて
ほんとうに、ほんとうにありがとう。


ああ、もう今日は朝から泣きっぱなしで
鼻水出っぱなし、
目は腫れまくり。(笑)
こりゃ明日は目がさらにボンボンに腫れることでしょう。。。(苦笑)
[PR]
by kuschel_hase | 2011-04-23 20:31 | 家族のこと
あたらしいいのち
e0125766_2229086.jpg妹夫婦に男の子が誕生しました。そう、姪っ子に弟ができました。

おめでとう
おめでとう
おめでとう


いっぱい、いっぱい愛します。
姪っ子と同様、おばの権限で存分に甘やかすつもりです。

生まれてきてくれたこと。
なによりも奇跡で、幸せなことだと思います。

彼がたくさんの人の愛情と、笑顔と、優しさに囲まれて
大きくなりますように。

こころから、こころから、そう思います。
[PR]
by kuschel_hase | 2011-04-01 22:47 | 家族のこと
荷物が届いた~♪
e0125766_21315458.jpg日本の家族から、荷物が届きました。
うれしすぎる。
荷物を届けてくれた郵便配達のおにいさんに熱烈ハグをしたかったくらい。
あはは。しなかったけど。

父にわざわざ買いに行ってもらった本とか、
日本の雑誌とか、
ラップとか、
栗の二日酔いのときにも大活躍の冷えピタとか
冬には欠かせないユニ○ロのヒートテックとか
もちろん日本食も。
ほかにもあれやら、これやら。

そして極めつけは
姪っ子の描いた絵と、
彼女の写真とビデオのいっぱい詰まったCD。

栗と一緒に大笑いしながらみたよ。

うちの母が私に荷物を送ることを父に伝えたら
「ちゃんと栗の分もなにか買ってあげろよ~」とすぐに言ったらしい。
どうも栗のことと、自分の家族の中での立場を重ね合わせるようです(笑)。
あははは。

いっぱい送ってくれてありがとーーーーー!!
[PR]
by kuschel_hase | 2010-10-17 21:54 | 家族のこと
「2さいになったよ」
e0125766_184049.jpgだいすきでだいすきでたまらない姪っ子が2歳になりました。


最近母のオーストラリア人の友達に
遊びながら英語を教えてもらっている姪っ子ちゃん。
日本の家族に囲まれて育っている姪っ子ちゃんには
ドイツ人の叔父さんがいるわけで。

栗にはまだ残念ながら会えてないので、
いつか会えたときに、言葉の違いや栗の外見の彫りの深さ(笑)にびっくりしてしまわないように
そしてびっくりさせてしまって栗が悲しくなってしまわないように(笑)(←栗のことを良くわかってます、うちの妹!)
妹夫婦はいろいろ考えてくれたみたいなのです。


そんな姪っ子ちゃんからの電話で
「Hello!」とか
「See you!」とか
きわめつけは「あいらびゅー(I love you)!」とか言われるたびに
メロメロ、でれでれになっている栗。


確実に日本語のレベルはすでに姪っ子のほうが上ですが・・・・・(恥)
何を話しているのか
「Hello」と「もしもし」と「じゃーねー」と「Thank you」と「See you」で
ずーっと二人で話してます。


そして栗は姪っ子への誕生日のカードは自分が選ぶ(!)と張り切って一人(!)で買い物(!)に。
(私へのカードだってちゃんと前もって買いに行ったことないくせにー!)
悩んでいるうちに、どれにしたらいいかわかんなくなったらしく
いろんな種類を買って帰ってきました(笑)。


そしてその中からまた時間をかけて選んだカード。


私が宛て先の住所にローマ字で『JAPAN』と書き加えるのを忘れて
ちゃんと着くのか????とあせったりもしましたが
無事に届きました。


2歳の誕生日を
笑顔で、そして健康で過ごせることに
感謝の気持でいっぱい。


姪っ子が笑顔いっぱいで、むじゃきな子供に育っていること。
妹夫婦に「すばらしい親で賞」をあげたいくらいです。


姪っ子にあわせてくれてありがとう。
叔母になれたこと、
なによりもすてきな経験で、贈り物です。


大好きな大好きな、姪っ子ちゃんへ
2さいのお誕生日おめでとう♪
とても言葉では表せないくらいの愛を込めて
あーちゃんより
[PR]
by kuschel_hase | 2010-06-19 19:28 | 家族のこと
結婚記念日
e0125766_883854.jpge0125766_885532.jpg6月14日。
3回目の結婚記念日でした。


おバカな私たち。
記念日の日、どちらが先に「Happy Anniversary!」というか競い合っている
のですが、
結婚記念日は1年目、2年目とも不覚にも栗の勝ち。
でも今年は、13日にワールドカップのドイツ戦があったので、
ドイツがボロ勝ちして浮かれている栗は時間を忘れて友達とワイワイ。
おかげで今年は私が勝ちました!


14日は栗が休みを取ってくれていたので、
二人でゆっくり時間が過ごせました。

やっと3年、まだまだ3年。
「オット」という言葉や、「ツマです」と紹介されるのに
ようやく慣れてきました。(え?遅い?? 笑)


栗からは大きなアジサイの鉢植えをもらいました。
うふふ、ありがとう♪
[PR]
by kuschel_hase | 2010-06-17 08:37 | 家族のこと
もしもし
e0125766_20372073.jpg6月に二歳になる姪っ子ちゃん、最近おしゃべりが楽しくてしょうがない様子。
ほんとうにいっぱいお話しします。


私と栗はどこにいるの?って聞けば「ドイツだよ」って言うし、
栗の名前もちゃんと言えるし、
折り紙折ってたら「これは栗(仮名)のだよ、あーちゃん(←わたしのこと)のじゃないよ」って言うらしい!


きっと天才に違いない。(←おばバカ)


今日は初めて二人っきりで電話でおはなし。
ちゃんと会話になってて本当に笑えます。

「なに食べたの?」  「さかなだよ」
「おいしかった?」  「おいしかったよー」
「こんどあーちゃんにもちょうだい」  「いいよ~」

って♪


はやく姪っ子に会いたいわ~!!!


お電話ありがとう。
今日は姪っ子の声が聞けて幸せな気分で一日が過ごせそうです。
[PR]
by kuschel_hase | 2010-05-19 21:03 | 家族のこと
もうそれだけでじゅうぶんです。
e0125766_18401332.jpg妹と電話で話していたときに、
「そういえばこの前実家に遊びに来たとき、『あーちゃん(私、姪っ子Koimoちゃんにあーちゃんって呼ばれてますの♪)いないねぇ』って言ってたわ~」って!!


そんなこと聞いたら、もう飛び跳ねてしまいます。


前回姪っ子にあったときはまだまだちっちゃくて、
(それでもその前に会った時に比べたら驚くほど成長していたけれど)
会話はまだできなかったし、
私がドイツに帰ったら、きっと私のこと忘れちゃうんだろうなーなんて思っていたのに


覚えててくれたの~??!!(涙)


そんなこと聞いたら、今にでも飛んでいって
ギューーーってしたくなります。
そして顔中にキスを!


さっそく栗に報告というか自慢。
まだKoimoちゃんに会えてない栗は、嫉妬の嵐。
早く会えるといいねぇ。
[PR]
by kuschel_hase | 2010-03-24 18:59 | 家族のこと
いい夫婦の日
e0125766_19205846.jpg



11月22日。
うちの両親の結婚記念日です。
おめでとう~♪

私の目指す家庭/夫婦はまさしくうちの父と母。
栗と私もそういう夫婦になれたらいいなぁ。


「おとうさん」「おかあさん」ではなく、お互いに名前で呼び合って、
子供の前でも、人前でも手をつないだりチュッとしたり
ごくしぜ~んに、いつも寄り添ってる二人をみて育ちました。


たまに、「国際結婚で両親の反対はなかったの?」とか
「最初に『ガイコクジン』の彼をつれて帰ったとき、
親はどういう反応だったの?」とか聞かれます。


拍子抜けするくらい、まーーったくふつう(笑)


初めて栗をつれて日本に帰ったときの母の言葉が忘れられません。
「言葉が通じなくても、栗があなたを見るときの優しい目で
あなたを大切に思っていることはわかるわ」と。
(今の、栗を私を見る目に同じ優しさが含まれているとは限られません! 爆)


父は、自分の娘である私が選んだ相手だから
間違いはないのだろうと思ったらしい。(笑)


日本(アジア)の文化をまったく知らなかった
栗の方がむっちゃくちゃ緊張。
私の親の前で私にどこまで近づいて
(手をつないだり、腰に手を回したり、キスしたりして)
いいのかもわからないし(笑)。


でも↑のようなうちの両親。
欧米的な文化にもあまり抵抗がないようで(笑)
ドイツにいるときと、日本にいるときの私と栗の距離感(?)を
変える必要もありませんでした。
(「おばあちゃんの前でキスとかしてはダメよ、
腰抜かしちゃうから」とは言われたけど。 笑)




父と母という存在としてももちろん尊敬しているけれど、
それとは別に夫婦の先輩として、
ひとつのカップルとして素敵だなぁと思っております。


私たちの結婚2年半なんてひよっこだわ。


これからも二人仲良く、素敵な夫婦でいてくださいませ。
結婚記念日おめでとう♪♪

[PR]
by kuschel_hase | 2009-11-22 20:13 | 家族のこと
ドイツに戻ってきました。
e0125766_19351124.jpgお久しぶりです。
またドイツに戻ってきました。


母の還暦のお祝いをするために、日本へ行っておりました。

そして、
実は先日の結婚式に妹家族が出席することができなかったので
愛する姪っ子とできる限りに時間をすごすために。

今回は家族を一緒に過ごすことをメインに帰ったので
ほんっとにどこにも行きませんでした。
会えなかった友達、
連絡すらしなくてごめんなさい。
次回はぜひ!


いろいろと考えさせられることも多かった日本滞在でした。


毎回日本に帰るたび、帰りの飛行機に乗るのがつらくなります。
以前はそんなことなかったのに。

でもドイツに帰ってくると、
「あー、家に帰ってきた~」と思うのです。


日本から遠く離れて暮らしていくこと。
そしてこれはきっとこれからも変わらず、続いていくということ。
日本にいる大切な友達と頻繁に会えないこととか、
今は幸い元気でいてくれている両親の健康を心配したり、
姪っ子の成長が見られない寂しさや、
大好きな妹とショッピングしたり、何気ないことで笑いあったりできないこととか、
姉のように慕っている叔母を訪ねることができなかったり、
おそらく年老いた愛犬の最期を看取れないこととか
考え出したら発狂しそうになることもあるけれど、


日本にも、
ドイツにも、
私の帰りを待ってくれている人たちがいるということ。
帰る場所が二つあるということ。
それはきっと幸せなことなのだと
心に言い聞かせて、
私はここドイツで
栗に愛されながら、
ジタバタしながら、
生きていかなきゃなぁ。


と、
私が帰ってくるのを心待ちにしてくれていた栗が
家をぴかぴかに掃除してくれていて、
私の好きな食べ物で冷蔵庫をいっぱいにしてくれていて、
そして寝るまでの間、
何度も突然「おかえり」ってギュッとハグしてくれたのを見たら

そう思ったのでした。












ほんっとにだれか
「どこでもドア」を発明してくれ!

か、日本までのフライトが3時間とかにならないかしら~。
[PR]
by kuschel_hase | 2009-10-05 20:02 | 家族のこと
なかなかやりますね。
母からメール。


母がここ1,2年ほどはまっているイルディーヴォの来日コンサートのチケットを
うちの父がサプライズでとってくれたらしい。


とってもうれしかったらしく
私にも報告してくれました。
きっと妹にもメールを送っていることでしょう。


お父さん、あなたなかなかやりますな。


私はティファニーの
でっかいダイヤがぼんっとついた指輪がほしいわ。
サプライズで買ってくれてもよくてよ♪


そんな家族のほのぼの、ポカポカさに
支えられている私の生活。
それがなかったら、愛想のないドイツ人と対決なんてしていられないわ。
なーんて。
[PR]
by kuschel_hase | 2009-05-28 07:20 | 家族のこと